<< 2/37PAGES >>

F1データネットニュース

モータースポーツ最高峰、F1の最新ニュースです。
その他のレース結果、アイコン、掲示板、サーキット情報、チーム情報はこちらです。
http://www.f1-data.net/

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

■メールマガジンも発行しています。
下記より登録ができます。
『F1の楽しみかた!』


『F1最新ニュース』







RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




   
■「F1データネット」はこちらをクリック!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
スペイン・ヘレステスト1日目


スペイン・ヘレス合同テストは2週目の初日を迎え、レッドブルのセバスチャン・ブエミがトップタイムをマークした。
ブエミは先週トロロッソでテストを行ったが、月曜日はレッドブルのハンドルを握った。
3番手にはレッドブルの育成ドライバーであるブレンドン・ハートレイが入った。

1 S・ブエミ      レッドブル  01:17.704  71 周
2 N・ハイドフェルド  BMW    01:19.223  75 周
3 B・ハートレー    レッドブル   01:19.586  83 周
4 C・クリエン     BMW     01:19.655  95 周
5 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:20.704  100 周
スペイン・ヘレステスト4日目


スペイン・ヘレステストは4日目を迎え、トロロッソのセバスチャン・ブエミが3日連続でトップタイムをマークした。
佐藤琢磨は2番手につけ、マクラーレンのヘイキ・コバライネンが3番手につけた。
結局、元ホンダのジェンソン・バトンはどこのチームでもドライブせず、来週のテストでトロロッソに登場するということがうわさされている。
来週はスペイン・ヘレスと、ポルトガルのアルガルヴェの両方で年内最後のテストが行われる予定だ。

1 S・ブエミ     トロロッソ  01:17.258  139 周
2 佐藤 琢磨     トロロッソ  01:17.520  117 周
3 H・コバライネン  マクラーレン 01:18.049  90 周
4 K・ライコネン   フェラーリ  01:18.782  82 周
5 F・マッサ     フェラーリ  01:19.050  67 周
6 F・アロンソ    ルノー     01:19.319  124 周
7 N・ロズベルグ   ウィリアムズ 01:19.388  130 周
8 P・デ・ラ・ロサ  マクラーレン 01:19.499  47 周
9 R・クビサ     BMW    01:19.559  126 周
10 C・クリエン    BMW     01:19.738  91 周
スペイン・ヘレステスト3日目


スペイン・ヘレステストは3日目を迎え、トロロッソのセバスチャン・ブエミがトップタイムをマークした。
午後からハンドルを握った佐藤琢磨が2番手につけ、セバスチャン・ボーデが3番手につけた。
マクラーレンはこの日2009年マシンの暫定仕様フロントウィングを装着してテストしていた。
ルノーはエースのアロンソが登場し、ハンドルを握っている。

1 S・ブエミ     トロロッソ   01:18.073  128 周
2 佐藤 琢磨     トロロッソ   01:18.601  38 周
3 P・デ・ラ・ロサ  マクラーレン 01:18.673  81 周
4 S・ボーデ     トロロッソ   01:19.032  78 周
5 K・ライコネン   フェラーリ   01:19.334  89 周
6 H・コバライネン  マクラーレン 01:19.631  64 周
7 F・アロンソ    ルノー     01:19.907  106 周
8 N・ロズベルグ   ウィリアムズ 01:20.309  122 周
9 N・ハイドフェルド BMW     01:20.365  87 周
10 F・マッサ     フェラーリ   01:20.490  27 周
11 R・クビサ     BMW    01:20.954  38 周
スペイン・ヘレステスト2日目


スペイン・ヘレス合同テストが始まり、8日はウィリアムズのみが走行したが、9日からは合同テストがスタートした。
トロロッソのセバスチャン・ブエミがトップタイムをマークし、2番手にはセバスチャン・ボーデがつけた。
午前中は濃霧で途中でテストを一時中断し、昼過ぎには雨が振り始めた。各チーム思うようにプログラムを消化できなかったようだ。

1 S・ブエミ     トロロッソ   01:18.742  91 周
2 S・ボーデ     トロロッソ  01:19.288  77 周
3 G・パフェット   マクラーレン 01:20.134  26 周
4 P・デ・ラ・ロサ  マクラーレン 01:20.164  21 周
5 K・ライコネン   フェラーリ  01:20.261  48 周
6 N・ハイドフェルド BMW    01:20.678  49 周
7 中嶋 一貴     ウィリアムズ 01:21.338  57 周
8 N・ピケjr.   ルノー    01:21.547  124 周
9 C・クリエン    BMW    01:22.098  15 周
イタリア人若手がフェラーリをドライブ


フェラーリはフィオラノ・サーキットでイタリア人の若手3人をテストさせた。
参加したのはミルコ・ボルトロッティ、エドアルド・ピスコッポ、サルバトーレ・チカテッリで、F2008のハンドルを握った。
ボルトロッティが最速タイムをマークした。

1 M.ボルトロッティ フェラーリ   0'59.111  40周
2 E.ピスコッポ   フェラーリ   1'00.336  29周
3 S.チカテッリ   フェラーリ   1'01.243  33周

エドアルド・ピスコッポはテスト後、「驚くべき体験ができた」とコメントした。
ピスコッポはイタリアでF3シリーズを戦って2位で終えた。
「車は素晴らしくて、とてもバランスがよかった。A1GPの車よりドライブしやすい。
本当に驚きの連続で、貴重な体験をさせてもらった。」
スペイン・バルセロナテスト3日目


スペイン・バルセロナ合同テストは3日目最終日を迎えた。
レッドブルのセバスチャン・ヴェッテルがトップタイムをマークした。
マクラーレンはKERSを搭載していたとみられ、パフェットが4番手のタイムを記録し、ホンダやBMWもKERSを搭載していたとみられる。
ホンダはセナがようやくマシンになれたようで、前日よりも大幅にタイムを短縮して見せた。

1 S・ヴェッテル   レッドブル   01:19.295  75 周
2 S・ボーデ     トロロッソ   01:19.839  122 周
3 S・ブエミ     トロロッソ   01:20.154  115 周
4 G・パフェット   マクラーレン 01:21.140  81 周
5 J・バトン     ホンダ     01:21.387  94 周
6 C・クリエン    BMW    01:21.534  88 周
7 N・ハイドフェルド BMW    01:21.592  106 周
8 B・セナ      ホンダ    01:21.676  107 周
9 N・ピケjr.   ルノー    01:22.148  94 周
10 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:22.410 52 周
11 L・バドエル    フェラーリ   01:22.866  120 周
12 G・フィジケラ   Fインディア 01:23.086  93 周
13 P・デ・ラ・ロサ  Fインディア 01:23.103  88 周
スペイン・バルセロナテスト2日目


スペイン・バルセロナ合同テストは2日目を迎え、レッドブルのセバスチャン・ヴェッテルがトップタイムをマークした。トロロッソの佐藤琢磨が2番手につけ、セバスチャン・ボーデ、セバスチャン・ブエミが同じトロロッソで続いている。
注目するのはペドロ・デ・ラ・ロサで、マクラーレンとの提携を発表したフォースインディアでテストを行った。ただしエンジンはまだフェラーリ製のままだった。

1 S・ヴェッテル   レッドブル   01:19.751  70 周
2 佐藤 琢磨     トロロッソ   01:20.017  79 周
3 S・ボーデ     トロロッソ  01:20.034  48 周
4 S・ブエミ     トロロッソ  01:20.223  99 周
5 G・パフェット   マクラーレン 01:21.340  77 周
6 R・クビサ     BMW     01:21.521  76 周
7 N・ロズベルグ   ウィリアムズ 01:21.525  113 周
8 J・バトン     ホンダ     01:21.770  110 周
9 A・スーティル   Fインディア 01:22.073  59 周
10 L・D・グラッシ  ホンダ    01:22.283  110 周
11 N・ピケjr.   ルノー    01:22.348  85 周
12 L・バドエル    フェラーリ   01:22.425  127 周
13 M・ジェネ     フェラーリ   01:22.772  31 周
14 N・ハイドフェルド BMW    01:22.945  81 周
15 G・V・D・ガルデ ルノー    01:23.250  37 周
16 P・デ・ラ・ロサ  Fインディア 01:23.499  86 周
スペイン・バルセロナテスト1日目



スペイン・バルセロナ合同テストが17日(月)に始まった。
参加したのはトヨタを除く9チームで、各チームの顔ぶれや取り付けパーツも異なってのテストとなった。タイヤは全チームスリックタイヤを使用している。
トップタイムをマークしたのは、トロロッソの佐藤琢磨で、同じくトロロッソのセバスチャン・ブエミが2位に入った。ただしトロロッソは今季用のセッティングに近い状態で臨んだ。
3番手には来季用のパーツを取り付けたホンダのブルツがつけた。
ホンダのブルーノ・セナとディ・グラッシはマシンに苦戦していた。
マクラーレンはデ・ラ・ロサとパフェットがハンドルを握ったが、KERSのテストに集中していたようだ。
ワールドシリーズbyルノーでチャンピオンとなったギド・ヴァン・デル・ガルデは、ルノーで久々にF1マシンをドライブした。
2009年仕様に一番近かったのはBMWで、ウィリアムズがリヤウィングのみ2009年仕様にしていた。
レッドブルはラリードライバーのセバスチャン・ローブにF1マシンの走行機会を与えていた。

1 佐藤 琢磨     トロロッソ  01:20.763  121 周
2 S・ブエミ     トロロッソ   01:21.071  117 周
3 A・ブルツ     ホンダ     01:21.198  77 周
4 P・デ・ラ・ロサ  マクラーレン 01:21.417  65 周
5 G・パフェット   マクラーレン 01:21.956  78 周
6 L・バドエル    フェラーリ   01:22.038  94 周
7 R・クビサ     BMW    01:22.341  56 周
8 S・ローブ     レッドブル   01:22.003  82 周
9 N・ピケjr.   ルノー    01:22.560  80 周
10 C・クリエン    BMW     01:22.883  53 周
11 N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ 01:23.794 86 周
12 V・リウッツィ   Fインディア 01:23.794  86 周
13 A・スーティル   Fインディア 01:23.832  88 周
14 M・ジェネ     フェラーリ   01:24.177  32 周
15 B・セナ      ホンダ     01:24.343  39 周
16 G・V・D・ガルデ ルノー     01:24.908  32 周
17 L・D・グラッシ  ホンダ    01:25.512  48 周
フェラーリとトヨタ、2月バーレーンでテスト
毎年恒例となっているバーレーンテストだが、来年もトヨタとフェラーリがバーレーンでテストを予定してようだ。
2月に6日間行われる予定で、トヨタについては今年12月にもテストを行う予定だ。
バーレーンは冬のテストにとっては、暖かくてテストするには絶好の場所だが、中東のため輸送費が莫大にかかるため、多くのチームはここでのテストを避けて比較的温暖なスペインでテストすることが多くなっている。
イタリア・ムジェロテスト3日目
イタリア・ムジェロテストは3日目を迎え、フェリペ・マッサがマシンのセットアップを行った。ただしこの日は雨に見舞われ、タイムは伸びなかった。

1 F・マッサ   フェラーリ   01:23.618  98 周