<< 2/16PAGES >>

F1データネットニュース

モータースポーツ最高峰、F1の最新ニュースです。
その他のレース結果、アイコン、掲示板、サーキット情報、チーム情報はこちらです。
http://www.f1-data.net/

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

■メールマガジンも発行しています。
下記より登録ができます。
『F1の楽しみかた!』


『F1最新ニュース』







RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




   
■「F1データネット」はこちらをクリック!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
スーパーアグリ、ホンダとの話し合いへ
JUGEMテーマ:モータースポーツ


スーパーアグリは財政難が解決していない状態にあるが、4月30日にスーパーアグリチームは、ホンダと今後の話し合いをするようだ。
マグマグループとの交渉が決裂し、他の企業とも話し合いを進めてきたようだが、短期的に解決できるような企業はない模様で、ホンダの支援を受けなければ今後は参戦できないようだ。
佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンは、トルコGPに向けてトレーニングをするだけのようで、あとは結果を待つしかないようだ。
果たしてホンダが金銭的な支援まで行うのかどうか注目となる。
スーパーアグリ、スペインGP出走へ
JUGEMテーマ:モータースポーツ


スーパーアグリチームは、とりあえずスペインGPには出走することになったようだ。
フリー走行では走行を開始したが、ただ資金の目途がたったわけではなく、相変わらず投資家と交渉が続いているようだ。
場合によっては、このスペインGPが最後になるかもしれないため、スーパーアグリは注目の的となっているようだ。
スーパーアグリ、依然不透明のまま
JUGEMテーマ:モータースポーツ


スペインGPへの参戦が危ぶまれているスーパーアグリだが、依然として参戦できるかどうかは不透明のままであるという。
マシンはピットにもついており、あとは走行する準備を整えるだけだが、走行できる結論はまだ出ていない。
ホンダはマシンと技術と人員のサポートはしているものの、資金については独自に確保する必要があると考えているようだ。ホンダ陣営は静観を貫いているようだ。
スーパーアグリを救済か
JUGEMテーマ:モータースポーツ


FOM会長のバーニー・エクレストン氏が、スーパーアグリチームを救済するかもしれない。
エクレストン氏が買収先を探し回っているようだ。
スーパーアグリチームがスペインGPに出場するには、諸々の費用が約3億円も必要になっているという。
エクレストン氏は、ドイツの企業に買収話を持ちかけているようだ。
スーパーアグリ、まだ結論は出ず
JUGEMテーマ:モータースポーツ


マグマ・グループとの交渉が決裂して資金難に陥っているスーパーアグリチームだが、スペインGPへの参戦が危ぶまれており、参戦できるかどうかはぎりぎりになりそうだ。
今週末には結論が出せず、4月21日か22日になりそうだ。
ただ、同チームのトランスポーターはスペインへ向けて出発しているようで、陸上による運送は始まっているようだ。とはいえ、結論が出なければ出場はできない。
ホンダとの話し合いで結論を出さざるを得ず、もし参戦できないとしても多額の違約金をFOMに納めなければならず、どちらにしても大変な事態となりそうだ。
スーパーアグリ、マグマとの交渉決裂で窮地に
JUGEMテーマ:モータースポーツ


スーパーアグリは、チームの株式売却先として交渉していたマグマ・グループと決裂したことが明らかとなった。
これにより、来週末のスペインGPへの参戦も危ぶまれている。
代表の鈴木亜久里代表は、9割9分まで交渉がまとまっているとコメントしていたが、実際には進んでいなかったようだ。
チームは、リリースを発表し、マグマ・グループから連絡があり、投資家が既にスーパーアグリチームへの投資に興味を示さなくなってしまったとコメントしている。
これで、今年の活動資金の当てがなくなってしまい、残るはホンダということで雲行きはかなり怪しい状態に陥ってしまった。
スーパーアグリ、バルセロナテストを欠席へ
JUGEMテーマ:モータースポーツ


スーパーアグリチームは、4月14日から16日にかけて行われるスペイン合同テストに参加しないことが明らかとなった。
佐藤琢磨が明かしたもので、マグマ・グループとスーパーアグリチームとの契約が完全に固まっておらず、それまではチームは開発やテストができないようだ。
次回に琢磨がステアリングを握るのはスペインGPということになる。
スーパーアグリ、マグマグループの支援を受ける
JUGEMテーマ:モータースポーツ


3月10日、都内でホンダの記者会見が行われ、スーパーアグリが活動を継続することを明らかにした。
チーム代表の鈴木亜久里氏は、イギリス企業の「マグマ」グループから支援を受けることになったと発表した。
かねてから噂には上がっていたが、マグマグループとの提携が実現したことになる。
このマグマグループは、スポンサーという形ではないことから、株式の売買などが含まれていることになるが、具体的なことについては触れられていない。
ドライバーについては、佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンの両名で戦うことになった。
ホンダの広報である大島裕志氏は、「スーパーアグリが参戦でき、ホンダは引き続きエンジン供給を含めてサポートをしていく」とコメントしている。実際にはシャシーもホンダ製となり、マグマグループとホンダの支援でスーパーアグリは戦うことになる。
スーパーアグリの機材がオーストラリアに到着
JUGEMテーマ:モータースポーツ


スーパーアグリの機材が9日、開幕戦オーストラリアGPの開催地であるメルボルンのサーキットへ到着した。
マシンは翌日になると見られているが、とりあえず機材は無事に到着し、参戦することが確実となってきた。
スポンサー獲得や、株の売買など、あらゆるうわさは出ているものの、まずはレースを戦う準備は進めているようだ。
都内では、編集長を勤めた佐藤琢磨が8日に記者会見し、「Formulra TAKUMA」の写真集を発表した。ファンが200人集まった。
琢磨は、「編集がこんなに大変だとは思わなかった。」と語った一方、今年のF1についても言及し、「本が完成したので、あとはレースを頑張る。」と意気込みを語った。
スーパーアグリ、いよいよ正念場
JUGEMテーマ:モータースポーツ


スーパーアグリの売却が報じられたが、真相はまだ明らかにされていない。
同チームは、ホンダからの支援がままならないようで、ホンダから提供されるのはシャシーとエンジンと技術者にとどまり、運営資金はチームが集めなければならないようだ。
数人の投資家が同チームに関心を寄せているのは事実のようだが、イギリスのコンサルティング会社であるマグマグループが手助けする可能性があるとうわさされている。
しかし日本人の投資家もいるようで、まだ真実は明らかになっていない。
代表の鈴木亜久里氏は、オーストラリアGP開幕戦にマシンは用意できると自信を覗かせている。
マネージングディレクターのダニエル・オーデット氏は、「すべては、いい方向に動いている。チームは、オーストラリアGPの準備ができている。SA08Aを準備している状態だ。」とコメントしている。
マシンは6日オーストラリアへ空輸が開始されるため、これに間に合わないと違約金が発生することになり、今日中に結論を出さなければならないようだ。