<< 2/275PAGES >>

F1データネットニュース

モータースポーツ最高峰、F1の最新ニュースです。
その他のレース結果、アイコン、掲示板、サーキット情報、チーム情報はこちらです。
http://www.f1-data.net/

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

■メールマガジンも発行しています。
下記より登録ができます。
『F1の楽しみかた!』


『F1最新ニュース』







RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




   
■「F1データネット」はこちらをクリック!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ポルトガル・アルガルヴェテスト2日目



ポルトガル・アルガルヴェ合同テストは2日目を迎え、この日もあいにくの雨模様となった。
最速タイムはこの日もセバスチャン・ブエミだったが、トロロッソのマシンはまだ2008年の旧車となっている。
雨のせいもあるが、まだ各チームとも様子見ということでタイムにはばらつきがある。

1  S・ブエミ      トロロッソ    01:34.429  48 周
2  P・デ・ラ・ロサ  マクラーレン  01:37.512  62 周
3  J・トゥルーリ   トヨタ      01:42.399  30 周
4  N・ピケjr.    ルノー      01:45.860  9 周
5  N・ロズベルグ  ウィリアムズ  01:51.580  31 周
BMW、新車「F1.09」を発表




BMWは20日、スペイン・バレンシアサーキットでニューマシン『F1.09』を発表した。
2008年11月にデビューさせた暫定マシンから大きい変更はない模様で、レギュレーションに合わせてオーソドックスに仕上げてきたようだ。
BMWはこのままスペイン・バレンシアでシェイクダウンし、そのままテストを続行する予定。
なお、スポンサーだったクレディ・スイス社が離脱し、大きなスポンサーとしてはペトロナスとインテルという2社のみで、少し寂しいロゴの表示となっている。
イタリア・ムジェロテスト1日目
イタリア・ムジェロサーキットでは、キミ・ライコネンが新車F60をデビューさせた。
54周してベストタイムは1分34秒430だった。
フェラーリは他のチームと合同でテストするのを拒み、単独で手の内を見せないようにしているようだ。

1  K・ライコネン   フェラーリ    01:34.430  54 周
 
ポルトガル・アルガルヴェテスト1日目

ポルトガル・アルガルヴェ合同テストは初日を迎え、トロロッソのセバスチャン・ブエミがトップタイムをマークした。
しかしトロロッソのみが2008年型車のままでのテストで、他のチームは2009年用新車をデビューさせている。
天候は雨で、路面は終始ウェットのままとなった。ただしシーズン中のテストは禁止されているため、精力的に雨の中でも走行していた。

1  S・ブエミ         トロロッソ   01:41.528  65 周
2  P・デ・ラ・ロサ     マクラーレン  01:46.076  28 周
3  N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ  01:46.335  28 周
4  N・ピケjr.       ルノー      01:48.907  33 周
5  小林 可夢偉     トヨタ       01:50.989  46 周

ウィリアムズとルノーが新車をお披露目



ルノーとウィリアムズが、それぞれポルトガル・アルガルヴェサーキットで19日に新車を発表した。
この日は曇りで路面はウェットのコンディションとなり、両チームとも初走行を行なった。
ルノーはピケJr.がシェイクダウンを行い、ウィリアムズはヒュルケンベルグがシェイクダウンを行なった。
ウィリアムズは大手スポンサーのレノボが離脱したため、スポンサーの種類が少なくなっており、今後の活動が心配されている。
エンジンは3戦連続ではなくシーズン8基?
FIAは、2009年シーズンのF1エンジンルールについて考えを修正することになりそうだ。
当初1基のエンジンで3戦連続戦うルールにする予定だったが、そうではなく、連続でエンジンを使用するという条項がすでになくなっており、一人のドライバーが年間で使用できるエンジンを8基に制限するというルールに変更することになりそうだ。
チームとしてもテスト用としてエンジンを4基使用でき、ドライバー一人がシーズンで8基とすると、チームで合計20基まで使用できることになる。
これに違反した場合、追加でエンジンを使用した場合は、10グリッド降格などのペナルティが科せられると言う。
エンジン8基をどのように管理していくかは不明で、今後の課題となりそうだ。
ロン・デニスはチーム代表辞任へ
16日に発表された2009年新型車MP4-24の発表会で、マクラーレンチーム代表のロン・デニス氏は、チーム代表の座を退いて、その後任はメルセデスのマーティン・ホイットマーシュ氏が引き継ぐことを明らかにした。
正式な切り替えは3月1日付で行われるが、デニス氏は今後は新しい職に就くようだ。
同氏は会長職にとどまり、懸案となっているスポーツカーの一般車の開発に力を注ぐようだ。
デニス氏は、チャンピオンを取れたら引退するという噂がささやかれてきたが、秘蔵っ子のハミルトンがチャンピオンを獲得したことで目標は達成されたと考えているのかもしれない。
マクラーレン、MP4-24を発表



マクラーレン・メルセデスは16日、2009年用新型車『MP4-24』を発表した。
イギリスのチームファクトリーでの発表となった。
チーム代表のロン・デニス氏は、「2009年はドライバーとコンストラクターの両方のワールドチャンピオンを獲得したい。」とコメントしている。
既に同チームはKERSの開発も順調にこなしているようで、あとは実戦に向けて調整していくことになっている。
1月19日から始まるポルトガル・アルガルヴェテストでシェイクダウンする予定だ。
マッサ、カーナンバーは間違い?
フェラーリのフェリペ・マッサは、2009年のF1エントリーリストについて言及し、カーナンバーがライコネンが3番で、マッサが4番であることについて次のように語っている。
「数字なんて何も意味がないさ。ただの数字だからね。でもFIAが間違ったのかもしれないね。」と冗談半分に語った。
2008年、マッサは勝利数、獲得ポイントともにライコネンよりも上回っており、成績順であればマッサがカーナンバー3が割り当てられるはずだが・・・
トヨタ、TF109を発表


トヨタは15日、2009年用新型車『TF109』を発表した。昨年まではドイツのファクトリーで公開していたが、今年はコストを抑えてインターネット上で公開した。
このマシンは19日から始まるポルトガル・アルガルヴェでシェイクダウンされる。
また、パナソニックがメインスポンサーとして継続されることも併せて発表された。