1/37PAGES >>

F1データネットニュース

モータースポーツ最高峰、F1の最新ニュースです。
その他のレース結果、アイコン、掲示板、サーキット情報、チーム情報はこちらです。
http://www.f1-data.net/

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

■メールマガジンも発行しています。
下記より登録ができます。
『F1の楽しみかた!』


『F1最新ニュース』







RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 




   
■「F1データネット」はこちらをクリック!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
イタリア・ムジェロテスト4日目
イタリア・ムジェロテスト4日目はようやくドライで走行でき、フェリペ・マッサが精力的に周回をこなした。
大きなトラブルもなく走り、ドライでのベストタイムをマークした。

1 F・マッサ   フェラーリ  01:23.981  103 周
イタリア・ムジェロテスト3日目


イタリア・ムジェロテストは3日目を迎え、この日もあいにく雨だった。
天候は徐々に回復したが、路面はドライにはならなかった。
ドライバーはこの日からフェリッペ・マッサに交代しテストをおこなった。
前日のライコネンよりも0.6秒ほどタイムを縮めている。

1  F・マッサ   フェラーリ    01:33.353  104 周

ポルトガル・アルガルヴェテスト4日目



ポルトガル・アルガルヴェ合同テストは4日目を迎え、最初はウェットだったが、徐々に路面が乾いていき、最後にはドライでの走行となった。
トロロッソのセバスチャン・ブエミが2008年型マシンであったため、相変わらずトップに躍り出ている。
マクラーレンは、ルイス・ハミルトンが2009年新型車を初めてドライブした。ルノーもフェルナンド・アロンソが2009年新型車を初めてドライブしている。
トヨタのティモ・グロックは、午後に派手なエンジンブローを喫し、30分ほど赤旗中断を作る原因となってしまった。

1  S・ブエミ  ト   ロロッソ    01:27.987  128 周
2  N・ロズベルグ  ウィリアムズ  01:29.729  143 周
3  L・ハミルトン   マクラーレン  01:30.242  81 周
4  T・グロック    トヨタ       01:30.878  63 周
5  F・アロンソ    ルノー      01:31.743  84 周

ポルトガル・アルガルヴェテスト2日目



ポルトガル・アルガルヴェ合同テストは2日目を迎え、この日もあいにくの雨模様となった。
最速タイムはこの日もセバスチャン・ブエミだったが、トロロッソのマシンはまだ2008年の旧車となっている。
雨のせいもあるが、まだ各チームとも様子見ということでタイムにはばらつきがある。

1  S・ブエミ      トロロッソ    01:34.429  48 周
2  P・デ・ラ・ロサ  マクラーレン  01:37.512  62 周
3  J・トゥルーリ   トヨタ      01:42.399  30 周
4  N・ピケjr.    ルノー      01:45.860  9 周
5  N・ロズベルグ  ウィリアムズ  01:51.580  31 周
ポルトガル・アルガルヴェテスト1日目

ポルトガル・アルガルヴェ合同テストは初日を迎え、トロロッソのセバスチャン・ブエミがトップタイムをマークした。
しかしトロロッソのみが2008年型車のままでのテストで、他のチームは2009年用新車をデビューさせている。
天候は雨で、路面は終始ウェットのままとなった。ただしシーズン中のテストは禁止されているため、精力的に雨の中でも走行していた。

1  S・ブエミ         トロロッソ   01:41.528  65 周
2  P・デ・ラ・ロサ     マクラーレン  01:46.076  28 周
3  N・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ  01:46.335  28 周
4  N・ピケjr.       ルノー      01:48.907  33 周
5  小林 可夢偉     トヨタ       01:50.989  46 周

ポルトガル・アルガルヴェテスト3日目
ポルトガル・アルガルヴェ合同テストは3日目を迎え、マクラーレンのデ・ラ・ロサがトップタイムをマークした。
これで年内のテストは全チームすべて終了し、年明けの新車を待つばかりとなった。

1 P・デ・ラ・ロサ  マクラーレン 01:28.993  74 周
2 L・バドエル    フェラーリ   01:30.163  75 周
スペイン・ヘレステスト3日目
スペイン・ヘレス合同テストは3日目を迎え、レッドブルのヴェッテルがトップタイムをマークした。
ブエミが2番手につけ、2日目の順位と入れ替わってお互い切磋琢磨しているようだ。

1 S・ヴェッテル  レッドブル  01:16.617  107 周
2 S・ブエミ    レッドブル  01:16.988  92 周
3 R・クビサ    BMW    01:19.013  100 周
4 C・クリエン   BMW    01:19.066  38 周
5 中嶋 一貴    ウィリアムズ 01:19.341  131 周
ポルトガル・アルガルヴェテスト2日目
ポルトガル・アルガルヴェ合同テストは2日目を迎え、マクラーレンのデ・ラ・ロサがトップタイムをマークした。
初日のパフェットよりも2秒近くタイムを短縮させている。

1 P・デ・ラ・ロサ  マクラーレン  01:30.080  68 周
2 L・バドエル    フェラーリ   01:31.320  71 周
3 M・ジェネ     フェラーリ    01:33.076  51 周
スペイン・ヘレステスト2日目
スペイン・ヘレス合同テストは2日目を迎え、レッドブルのブエミがトップタイムをマークした。
同じく若手有望株のヴェッテルよりもいいタイムを出したということで本人も気分がいいようだ。

1 S・ブエミ     レッドブル  01:17.029  83 周
2 S・ヴェッテル   レッドブル   01:17.319  83 周
3 N・ハイドフェルド BMW     01:19.303  85 周
4 R・クビサ     BMW    01:20.006  61 周
5 中嶋 一貴     ウィリアムズ 01:20.332  105 周
ポルトガル・アルガルヴェテスト1日目


ポルトガルに新設されたアルガルヴェ・サーキットでテストが行われた。
マクラーレンとフェラーリ2チームが走行し、マクラーレンがゲイリー・パフェットがトップタイムをマークした。
フェラーリのマッサは体調不良でテストを早めに切り上げており、36周で終えている。

1 G・パフェット  マクラーレン 01:31.788  63 周
2 F・マッサ    フェラーリ   01:32.926  36 周